h
受講生の声|コミュニケーション能力:YURA表現プログラム
topページへ 子どもたちの為の表現講座 俳優の為の表現レッスン ビジネスの為の表現講座 個人セッション 受講生の声 Blog


表現講座を受講して、劇的に変化した、ある受講生の物語。

この講座では、ほかにも何人もの人が劇的な変化を迎えました。ここで何人かを紹介しましょう。

◇表現講座基礎コース
メグミ(ベリーダンサー)      
  今回、表現講座を受けようと思った動機は、日常的に自分の感情をうまく相手に伝える事が出来ない(抑えてしまう)所がある事と、自分の事をつまらない(大した魅力がない)と感じており -------- 
>>つづきを読む
ヒカル(会社員)  
  私は幼少期より悩む為に産まれてきたのかと言うほど悩んで生きてきました 殆どが家族間での悩みでそれは他の人間関係や体調にまで影響を及ぼし常に私を苦しめてきました -------- 
>>つづきを読む
智恵美(会社員)  
  表現講座を知ったのは友人のフェイスブックでした。なぜそれが気になるのかは長男が家族以外の人と全く喋ることができないという問題をかかえているせいだろうと最初は思っていました。 -------- 
>>つづきを読む
はるき(フリーター)   
  自分は、幼い頃から引っ込み思案であまり人と会話をしていませんでした。中学生の時からは親しい友人以外の同級生には筆談で話していました。それもあり、感情の出し方が全くと言っていいほどに -------- 
>>つづきを読む
あき(着付け講師)  
  私は、長年 「声」と 「あがり症」と 「表現力」の3つの問題を抱えており、解決できずにいました。その中でも 最大の悩みが 『声』です。 周囲の音にかき消されてしまうことも しばしばで、 -------- 
>>つづきを読む
HS(会社員)  
  私は人前に立つ事や、感情を出す事がとても苦手でずっと逃げてきたのですが、いつまでも怖がっているのではなく一番苦手な事に向き合ってみようと思い表現講座を受講しました。 -------- 
>>つづきを読む
おくちゃん.(会社員)    
  ゆら.先生は『表現教室の発表会はそれぞれみんなが主役』っておっしゃっていました。
そのほんとうの意味、よくわからずにいましたが発表会を終え、今実感しています。 -------- 
>>つづきを読む
篤(医師)  
  以前から憧れていた、演じる世界。憧れているものに取り組んでいない時には、恐れも大きいようで、表現するという事は死ぬほど怖いことでした。特に、人前で泣くようなことは -------- >>つづきを読む
ともみ(なまえアーティスト)  
  昨年の秋に、「ドリームプランプレゼンテーション」という、自分の夢を10分間のプレゼンで発表するという機会があり、ちょうどいくつか叶えたいアイデアがあったのでプレゼンターとして挑戦することに -------- >>つづきを読む
美幸(カイロプラクター)  
  発表会を終えて…まだ信じられない気持ちでいます。甲高くか細い声が悩みでした。
感情を押し殺す癖がついていて、表情も乏しく --------
>>つづきを読む
じゅん(カラーコンサルタント)  
  この3ヶ月は人生において激動の3ヶ月でした。講師活動をしている私は 自分の表現力を磨きたいと思いこちらの「YURA式表現講座」をインターネットで見つけました。 -------- >>つづきを読む
しげ(会社役員)  
  これまでもいろんな研修やセミナーを受講しましたが、短期的な効果はあっても持続せず、かえって自己嫌悪に陥ってしまう、そんなことの繰り返しでした。--------
>>つづきを読む
まさ兄(企業家)  
  表現講座の3ヶ月間は、今まで避けてきた自分と向き合う、これからの自分の人生にとって大切な時間でした。
今でも自分が3ヶ月を終了し発表会を終える事ができたのが不思議です。--------
>>つづきを読む
かとちゃん(営業職)  
  三ヶ月終えて、まだまだやり足りない、なんて楽しいんだ!というのが今の正直な感想です。きっかけは勧められてでした。「あまりに感情表現が乏しいから受けてみたら?」--------
>>つづきを読む
ケイタ(俳優希望)  
  三か月前、自分の演技のやり方を変えたくて、自分そのものを変えたくてこの表現講座に飛び込みました。
そして、いざレッスンを受けてみると今まで自分がやってきた事が悉く否定されてしまい -------- 
>>つづきを読む
かおり(2児の母・パーソナルコーチ)  
  この講座を通して、「表現欲求が満たされた時の喜び」「自分は自分でいい」「豊かな感受性や感情は表現できる」「感情は悲しみも怒りもエネルギーになる」ということを-------- 
>>つづきを読む
ゆるちゃん(大阪コーチ)  
  講師としてプレゼンスを上げるという目的で受講を決めたが、この講座はそんなに甘いものではなった。初日から有羅さんの暖かくも鋭いコメントをいただいて、-------- 
>>つづきを読む
よっちゃん(大学講師)  
  「体が硬い!」「岩のように硬い!!」「こんなに硬い人見たことない!!!」このような康先生の言葉から僕の表現講座が始まりました。最初は人として大きく成長し、飛躍してやろうと意気込んでいたのですが-------- 
>>つづきを読む
尚美(ダンス講師)  
  私はプロのダンサーとして、レッスンをする傍ら、大会にも参加しているが、自分のダンスのビデオを見るたびに、ショックを受けていた。何て無表情なのだろ〜と!!-------- 
>>つづきを読む
ちかちゃん(営業職 東京在住)  
  転職をして配属されたチームは、圧倒的な売上を稼ぐメンバーばかり。すぐに結果を求められる事が辛く、上司との毎日の面談でも、「おまえは変わりたいと思って転職をしたんだろう?」と言われ、--------
>>つづきを読む
凛(塾の講師)  
  とにかく、自分が変わった・・・・この一言に尽きると思います。
たった3ヶ月、12回の講座でここまでの変化が起こるなんて、未だに信じられません。 -------- 
>>つづきを読む
◇表現講座特別コース
さと(会社員)  
  自由に声を出せるようになりたい。 それが表現講座を受講しようと思った最大の理由で、8年経った。今、ずいぶん自由に感情を音に乗せて台詞を言えるように--------
>>つづきを読む
美幸(カイロプラクター)  
  表現講座に出会ってからもうすぐ4年目に突入しようとしています。
初めてYURAさんのもとを訪ねた頃の私は自分の声が嫌いで自分が嫌いで -------- 
>>つづきを読む
ゆうき(教師)  
  2015年12月23日、表現講座の発表会。人前で「蒲田行進曲」の「ヤス」を演じた。2015年2月8日、表現講座の体験をした。この時、人前どころか、演技をすることすら -------- 
>>つづきを読む


教職員テストに合格したゆうきから、感想を頂きました合格までの道のりはこちら
 

なぜ合格したか振り返ってみると、やはりこの表現講座で学んだことが大きいと感じています。その理由は大きく3つあると感じています。1つめは------- >>つづきを読む
 

子供1年プログラム修了した小学校6年生のお母様から感想を頂きました!
娘が五年生になってから学校の友達との悩み母娘との距離感で、何か上手くいかない感じでした。学校の生徒会に入りたい夢をもっていながら人前で自分を表現できない。英語の発表会でも------- >>つづきを読む
 

広島から通ってくれた子供の表現講座修了後、お母様から感想を頂きました
正直、こんなにも変わり日々楽しそうに生活している息子を私は想像もしていませんでした。 言葉が遅かった為、人とのコミニュケーション能力に欠けイジメにあい自虐行為、全てにおいてネガティブ君 -------- >>つづきを読む
 

表現力・ビジネスコミュニケーション力向上の為のコーチング研修の感想を頂きました!
長野憲次(パーソナルトレーナー) >>つづきを読む
  6回のセッションありがとうございました。この6回は本当に自分のトレーナー人生において、いや、人生すべてにおいて大きな変化のきっかけになる気がします! --------

表現講座修了生のその後・・・
しげ(会社役員)  
  受講生からメールとテレビを録画したDVDが届きました。 中は、その後の活躍が書かれていて、表現講座を受講したその後大きく変わった近況を報告してくれていました。 -------- >>つづきを読む

市民講座 受講者から感想を頂きました!
豊中市 蛍池公民館 3回シリーズ 2007年5月17・24・31 
<コミュニケーションと自己表現を身につけよう> 
>>感想を読む
箕面生涯学習センター  5回シリーズ 2007年6月2・9・16・23・30
<コーチングを取り入れたコミュニケーション> 〜表現ワークショップ 心と身体のきれいを目指して〜
>>感想を読む


個人情報について